編集者のつぶやき

初めまして。デザインオフィスクリップこと、クリップ株式会社の川本です。まずは、このウェブマガジンを読んでいただき、ありがとうございます。コロナ禍でエッセンシャルワーカーという言葉を見いにする機会が増え、どこかその言葉の中にはエンタメが無いような気がずっとしていました。もう1年半以上コロナ禍が続く中で、多くの人が気づいていると思います。「あ、エンタメって必要なんだな〜」って。だって、音楽のかかっていない商店街、人のいない商業施設、会話のない居酒屋、そんなのやっぱり耐えられないです。だったら、少しでもコロナが収束した時のために、少しでも良さを発信して、少しでも多くの人に、今後の楽しみを増やして欲しいなと思っています。このウェブマガジンでは、その時に僕が面白い!これは発信したい!とどんな時代でも頑張っている人を紹介していきたいと考えています。自分の周りに紹介して欲しい人や、紹介しないと損だよ!という人がいれば、ぜひ弊社までお知らせください。

改めてのご報告となりますが、10月29日をもちまして私は31歳となりました。同時にクリップ株式会社が設立されました。会社を始めるというのはどこかで考えていたのもの、サラリーマンから抜けれない性格なんだろうと思っていました。起業がブームとメディアで騒がれていても、実際はサラリーマンが圧倒的な世の中です。そんな簡単にはサラリーマンを軽視できるほど甘くないと思っています。ただ、勘違いしてはいけないのが、自分のやりたいことと、そのタイミングでいただいている額面とを比較することは、凄く大事な事だと思います。給料というのは言わば自分の勝ちです。会社の就職するということは仕事のあるところに自分の身を置くわけなので、そのタスクをどうこなせるスキルが自分になるのか、そしてそれはいくらくらいの価値があるのかが給料なわけで、それに不満があるときは、絶対に会社のせいにしてはいけないと思っています。だが、幾多ある愚痴をアテに呑むお酒は旨い!ということも理解しています。ただそれ以上は何も生まれません。自分のためや誰かのためになることならいざ知れず、やはりその場限りの吐口は、その辺のアルバイトと一緒です。身を切り売りしても、その先には何も残らないですから。幸か不幸か僕の場合は、こうして自分を経営するチャンスを作ることができました。このチャンスを物にできるよう、丁寧に結果を残していきたいと思います。少しでも、クリップ株式会社のファンになっていただけるよう、頑張ります。

実は、弊社のちょっとしたこだわりとして、ホームページ制作会社と名乗ることをしなようにしています。理由は、ホームページを作ることだけが、PRの全てではないと考えているからです。チラシやSNSの運用に、バナーやネット広告の運用まで、幅広い目線で考えてそのタイミングに本当に必要なものを提供していけるように考えています。しかし、これは問題でもあります。専門に特化していないということは、クオリティが下がるのでは?とご心配をいただく場合もあります。これは個人差あり難しい表現ですが、我々は多様なサービスを扱うからこそ見えるデザインがあると思っています。専門に特化しているだけが全てでもありません。そこは、私たちのプレゼンを聞いていただければ嬉しいです。1人でも関わっていただける方の為になるPRのサポートを、精一杯考えては試行錯誤につなげていきます。

ここで1つ豆知識ですが、社名にもなっているクリップ。実際のところ、このクリップには、特許が申請されていないという事実があります。クリップといえば誰もが想像するあの形も、正確には誰が考えたが定かではないそうです。世界共通で今も使われているクリップが、特許も申請されておらず、考案者も誰かわからない。こんなロマンチックなことあるのかと思い名前を使っています。弊社もデザイン会社として皆様のPRの黒子に徹しては、多くの方に愛していただけるよう日々精進してまいります。